帽子を作ってみよう

今回は、キャスケットを作ってみます。折角なので息子用に作ります。

では早速、型紙を作って裁断していきます。
曲線が多く、6枚をまったく同じ形に切るのは至難の技なので、レーザー加工機を使って裁断してみます。

生地に腰を出すため接着芯を張り、レーザー加工機でカットしてみました。
少し焦げ臭い匂いが気になりますが、うまくいきました。(しばらくすると匂いも消えました。)

裏地もレーザー加工機で切ってみたのですが、薄くて加工中にずれてしまいイマイチでした。
何か工夫すればうまくいきそうですが、次回以降の課題としたいと思います。

裁断が終わりました。材料はこんなものです。

頭の部分(クラウンと呼ぶらしいです)から作っていきます。
6枚の布を縫い合わせて、縫い代をアイロンで開き、ステッチをかけます。

裏地も同様に6枚を縫い合わせます。ステッチは無しで。
つば(ブリムと呼ぶらしい)も中表で先端を縫い、固めの接着芯を張って表に返し、周囲を縫っておきます。

それぞれのパーツを縫い合わせ、最後にサイズテープを縫い付けて形を整えたら完成です。

登園前の息子にチョット被せてみました。

ん、少し小さい・・・。 ん、なんか似合わない・・・。

そして・・・何事もなかったかのように自分のカバンにそっと戻しましたとさ・・・おしまい。

 

 

シェアする