つかわなくなった自転車パーツをアップサイクル

自転車好きの皆さん、使わないけど手放すのも忍びない愛着のあるパーツが眠っていませんか。
今回は、そんな使わなくなった自転車のパーツの再利用法の紹介です。


先日、組立てた自転車に元々ついていた、パーツです。
サドルと、ステアリング廻り。サドルはだいぶくたびれています。


ステアリング廻りは解体して、


ステムを逆向きに付けなおします。バーテープはお好みで巻いても巻かなくても構いません。

今回は、キレイに剥がれたので、キズ防止も兼ねて同じものを巻きなおしました。


台座の材料をレーザー加工機で切り出します。今回はMDFで作りました。


組立てます。


台座にサドルを取り付け、


配管を固定するサドルバンドを使って、ステムを取付けたら完成です。


使い込んで、苦楽を共にしたパーツが胸アツです。
残念なのは、前オーナーが使っていたものなので、このパーツに何の思い入れもないことくらい。

サイクルラックにもなります。
もとは、オーストリアのアーティストさんの作品のようです。いいアイデアですね。

愛着あるパーツが眠っている方は是非、作ってみてください。

 

 

 

 

 

 

シェアする