フレームバックをつくってみました

サイクリングが気持ちいい季節になりました。

自転車に乗る時に、出来ればバック類は持ちたくないし、ポケットにも何も入れたくないので、
自転車のフレームに直接、取り付けられるバックをつくってみました。

では、早速つくっていきます。


自転車のフレームに合わせて型紙をつくります。


生地に写し、他のパーツも合わせて、切り出します。
今回は、クラッシックなフレームに合わせて、帆布と革で作ります。


革パーツも、レーザー加工機で切り出し、コバを処理しておきます。


それぞれパーツをつくって、


中表に、縫い合わせていきます。


本体部分は縫い終わりました。


型くずれ防止に、百均のPPシートを切り出して芯にします。


フレームに取付ける為のベルトです。革をレーザー加工機で切り出し、コバとトコ面を処理し、バックルをはさみカシメます。


それぞれを取り付けて、完成です。

先日、組んだ自転車に取付けました。当たり前ですがピッタリです。

是非、みなさんも愛車のフレームに合わせてつくってみてください。

シェアする