うちのビーストは自由に歩くか 其の3

 

続きです。

Arduino UNO にスタックできるユニバーサル基板シールドに基板用コネクタを付けていきます。

コントローラー部分も作って、

本体に Arduino UNO と リレーとステッピングモータードライバを取付けて、

シールドも載せます。

手元にあったLANケーブルを使って、コネクタケーブルを作ります。端子(コンタクト)を付ける数が多すぎて途中で嫌になりましたが、何とか乗り越え配線します。

さて、本格的なテストです。

上手くいきます様にと願いながら、電源を入れます・・・・が・・・・反応無し。Arduino の電源が入りません。
初っ端からトラブルです。
Arduino の電源に単三電池6本(テスター値で9.3V)をつないでるのですが、反応無し。
入力電源(推奨)7-12Vなので問題無いはずです。
別電源で試します。
12VのDCアダプター・・・電源が入ります。
006Pの乾電池(テスター値で10V)・・・電源が入ります。マジか・・・
原因を探るのも面倒になり006Pでテストを続行。
センサーの配線に一か所ミスがありましたが、他の配線は問題なさそうです。

が、プログラムが上手くいきません。
Arduino からステッピングモータードライバに常にパルスを送ってやる必要があるのですが、左右並列でパルス速度をそれぞれ可変しながら送るという作業がどうにもできません。

頑張れば出来るのかもしれませんが、そうこうしている内に熱が冷める方が怖いので、別の方法を考えます。

続きはまた次回。

 

シェアする